歯ブラシの選び方

みなさんこんにちは!新橋でお口の健康を守り続けて半世紀「林歯科」です。

正しい歯磨きの仕方をお伝えしてきましたが、

歯ブラシはご自分に合ったものを選べていますか?

最近では様々なメーカーから色々なタイプの歯ブラシが出ている為、

歯ブラシ選びも迷ってしまいますよね。

今日は歯ブラシを選ぶポイントをお伝えします。

1.毛は「ふつう」の硬さを選ぶ(ブラシにはコシが必要です)

硬めだと汚れが落ちそうで好きと言う方もいらっしゃいますが、以前お伝えしたように

ゴシゴシ磨きは歯のエナメル質を傷つけてしまうので良くありません。

「ふつう」もしくはすでに重度の歯周病の方など場合によっては「やわらかめ」でもいいでしょう。

 

2.ヘッド(ブラシの頭の部分)は小さめのものを選ぶ

特に男性だと大きめのヘッドのものを選びがちですが、歯を1本1本磨いていくためには

コンパクトなヘッドが良いのです。

また奥までしっかり磨くためにもヘッドの小さなブラシが良いでしょう。

 

3.毛先が開くまえに交換する(各季節ごとの交換を基準にするのも良いでしょう)

毛先が開いてしまった歯ブラシはしっかり汚れを落とせません。

あるデータでプラーク除去率は60%までダウンすることが分かっています。

目安としては2・3カ月に1回。

それ以前でも毛先が開いてきたと感じたら交換するようにしましょう。

毛先がすぐ開いてしまう!という方は力の入れ過ぎの可能性が高いので、

ペングリップを守ってください。

 

歯磨き方法だけでなく、歯ブラシ選びも重要です。

林歯科でも歯ブラシを取り扱っており、お口の状態に最適なものをお勧めすることも

できますで、気になる方はお申し付けください。

 

【医院情報】

林歯科

 

東京都港区新橋5-7-14 ひたちやビル2F

(JR・銀座線・都営浅草線)新橋駅より徒歩約7分

診療時間:10時~13時、14時~18時 最終受付17:30 (土曜は午前診療のみ)

休診日:土曜午後、日曜、祝日

お問合せ: 03-3433-7936

関連記事

  1. 正しい歯磨き出来ていますか?(1)

  2. アスリートと口腔内ケア(3)

  3. アスリートと口腔内ケア(2)

  4. 林歯科診療の流れ(カウンセリング・検査)

  5. 歯の着色が気になる方へ(1)

  6. 3DS除菌治療とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP