歯科医院での歯周病検診とは?

みなさんこんにちは!新橋でお口の健康を守り続けて半世紀「林歯科」です。

これまで、歯周病について様々ご紹介してきましたが、

知れば知るほど怖い病気だと実感いただけたのではないでしょうか。

林歯科では、悪くなったら治療するという従来の“治療中心型”から、

セルフケアとともに歯科医院でお口の中のプラークを定期的に取り除くことで

歯周病やむし歯を起こしにくくするという“予防中心型”の歯科医療に替わり

結果としてむし歯や歯周病を大幅に減少させた

「スウェーデンスタイル・イエテボリ大学歯周病治療」のコンセプトを基本とした

歯科治療を提供することが可能です。

「歯周病治療の根本、もっとも大切なことは、細菌の塊であるプラークをコントロールすること」です。

この予防を重視したスウェーデンタイルは、今や世界の歯科医療のお手本ともなっています。

歯周病治療及びお口のケアをすることで、お口でだけでなく全身の健康維持につながると考えています。

 

<歯周病検診とは?>

・現在の状況確認の為、お口の中の写真撮影をします。

・歯の汚れの程度や歯石・プラーク付着の有無を確認し、歯ぐきについても腫れや出血などの確認をします。

(その結果によっては、歯周病菌によって歯槽骨(歯を支える骨)がダメージを受けていないか

レントゲンでしっかり確認することもあります。)

・歯周ポケットの深さを測り、歯ぐきの内面の炎症リスクを確認します。

・自分では取れない歯石や歯垢(プラーク)を専用の器具を使ってキレイに取り除き、

歯根表面にしっかり付着してポケットに汚れが付かないようにします。

・お口の状況に最適な歯ブラシ、補助用具を選び出し、口腔衛生の専門家である

歯科衛生士が歯周病予防のためのセルフケアのアドバイスをします。

 

特に歯周ポケット内に溜まった汚れや、歯石になって付いてしまったものは

セルフケアでは取ることができません。

また、自己流で歯みがきをしても、実際は、汚れの半分程度しか

取り除けていないことが分かっています。

しかも誤った磨き方で歯ぐきを傷つけたり、知覚過敏になることもあります。

林歯科ではスウェーデンスタイル・イエテボリ大学歯周病治療を

根底とした歯科治療を行っております。

お口の健康維持のためにも、プロのケアを定期的に受けて

しっかりと歯石・プラークを取り除きましょう。

 

【医院情報】

林歯科

 

東京都港区新橋5-7-14 ひたちやビル2F

(JR・銀座線・都営浅草線)新橋駅より徒歩約7分

診療時間:10時~13時、14時~18時 最終受付17:30 (土曜は午前診療のみ)

休診日:土曜午後、日曜、祝日

お問合せ: 03-3433-7936

関連記事

  1. 歯に良くない生活習慣とは(3)

  2. 歯に良くない生活習慣とは(1)

  3. 林歯科診療の流れ(治療・その後のケア)

  4. スポーツマウスガードについて(3)

  5. スポーツマウスガードについて

  6. 正しい歯磨き出来ていますか?(2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP